今週の名言・名言 24

みんなが聞きたがっていることって、たぶん私たちが口にしたくないことだと思うわ。

ジュリー・マーフィー

ジュリー・マーフィーはアメリカの若い作家で、2015年にアメリカでベストセラーになった小説(Dumpling)の一節です。
自意識過剰で太っていることがコンプレックスになっている女の子が外に出て、人とふれあって、恋に落ちてという、よくある若い女性向けのラブコメディーっぽいのですが、あちらこちらに「そうそう」「あるある」と老若男女の共感を呼ぶフレーズがちりばめられています。
この台詞(I think maybe it’s the things we don’t want to talk about that are the things people most want to hear.)は、自分が人にどう思われているかが気になる人の、人にはほめられたいし、自分は人を素直にほめたくないし、という心理がよく出ています。
ダンプリングは日本でいえばお団子みたいなデザートで、母親がちょっと太ったわが娘をこう呼んでいるので、「子豚ちゃん」といった感じでしょうか。

日本では『恋するプニちゃん』(小学館)として出版されていますが、、、プニちゃんて……

今週の名言・迷言 23

この日、太平洋プールで、二回目の海水浴をやる。こんどは、太平洋も太平洋、ドまんなかである。あがってから、デッキで甲羅を干しながら、爽快やなぁと悦にいる。

堀江謙一

堀江謙一(1938年~)は1962年に全長19フィート(約5.7メートル)のヨット「マーメイド」に乗って、世界で初めて単独無寄港での太平洋横断に成功しました。23歳のときでした。

この言葉は、出港して四十三日目、日付変更線を超えた翌日のことです。

航海中に船を出て海に入るのは二度目でしたが、最初のときはサメがいないかキョロキョロしながらという状態で、それに比べると、航海にもなれて余裕が感じられます。

「背が立たないかぎり、どんなに深くったって、海は海だ。水深二メートルも五〇〇〇メートルも、似たようなもの。浮かんでいる人間にとっては、おなじである。どうせ、下のほうには用がないんだから」とも述べています。

当時、日本ではヨットで出国するための法律が整備されていなかったため、手をつくしたものの認められず、結局は不法出国となり、当然ながらパスポートを持たずにアメリカに入国することになったわけですが、サンフランシスコの当時のジョージ・クリストファー市長が、コロンブスを引き合いに出してビザを支給し、名誉市民として快挙をたたえたという話もよく知られています。