新刊の紹介:よくわかる潜伏キリシタン関連遺産

新刊のご紹介です。
index-img06

『よくわかる潜伏キリシタン関連遺産』
潜伏キリシタン研究会 編著
(2018年7月1日)
ISBN 978-4-908086-03-8

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産のガイドブックです。

信仰をやめなければ処刑される「信仰か死か」という究極の選択を迫られた人々……

関連遺産は12の遺産で構成され、「はじまり」、信仰にかかわる「伝統の形成」、「伝統の維持と拡大」、「伝統の変容と終わり」の4段階に分類できます。そもそものはじまりとなった島原・天草の乱の激戦の場となった原城跡(遺産1)から信徒発見の大浦天主堂(遺産12)まで、そのすべてについて、由来や意味を含めて、わかりやすく説明しています。

巻末に、潜伏キリシタンのキーパーソンと詳細な年表を掲載。

※こちらはアマゾンでの先行販売になります。他のサイトでの販売は秋以降になります。

本の紹介:黒曜石の記憶

『黒曜石の記憶  ―― 紀元前三千年のミクロコスモス』
(岸田啓著、エイティエル出版)
ISBN 978-4-908086-01-4

書籍イメージ

弊社は電子書籍専門ですが、なんとか紙の本にも対応できないかと、いろいろな方法を模索し、検討を続けてきました。このほどやっと、オンデマンド出版として紙の本も出せることになりました。

エイティエル出版では第1号となります。

他の本についても、準備ができしだい順次対応していく予定です。

電子本はアマゾンや紀伊國屋書店など主要な大手電子ブック販売書店でご購入いただけますが、オンデマンドの紙の本は 以下のサイトのみとなります。

https://bccks.jp/bcck/154580/info

※ご注意 電子本は540円ですが、紙の本は1700円と割高です。紙の本をお買いになったお客様については、電子本は無料ダウンロード可能となっています。

今週の名言・迷言 38

人の性格を一番よく表しているのは、その人が自分に利益をもたらさない者をどう扱うかと、自分に反抗できない者をどう扱うかなのですよ。

アビゲイル・ヴァン・ビューレン

アビゲイル・ヴァン・ビューレン(1918年~2013年)は、アメリカのコラムニストで、「親愛なるアビー」で始まる、半世紀以上続く新聞の人生相談コーナーの名回答者として人気がありました。

同じく有名な人生相談のコラムニストにアン・ランダースがいますが、双子の姉妹です(どちらも筆名)。

アン・ランダースが先に人生相談コラムを連載し、その後にアビゲイルが「親愛なるアビー」のコラムを開始したのですが、事前に相談がなくパクられたということで、この姉妹は十年も続く大げんかをしてしまいました。

紙上で人生を論じ、生き方を説いていた回答者同士が、姉妹でありながら、口もきかない犬猿の仲になったわけで、それがスキャンダルとして大きく雑誌などで取り上げられました。

が、皮肉なことに、そのおかげで二人のコラムは全米中に知れ渡り、新聞で大人気の名物コーナーになっていったのです。

悪名(あくみょう)は無名(むめい)に勝る(There is no such thing as bad publicity)を地でいく話で、昨今のSNSの炎上商法も、検索ワードで上位に来れば広告収入が増すわけですから、それもうなづけます。

ところで、アビゲイル・ヴァン・ビューレンはすでに亡くなっていますが、「親愛なるアビー」ではじまる人生相談コーナーは現在も続いています。

本人が晩年にアルツハイマー病になってからは、娘が母親の名前を引き継いで回答を続けているようです。

歌舞伎や落語など日本の伝統芸能では「名跡の襲名」はごく一般的に行われていますし、サザエさんの作者の死後も新作アニメが毎週放送されているようなものでしょうか。

今週の名言・迷言 37

幸福の扉の一つが閉ざされたときには、別の扉が開くものです。でも、私たちは閉じた扉をずっと見つめているので、開かれた扉のことは目に入らないのです。

ヘレン・ケラー

ヘレン・ケラー(1880年~1968年)は、幼児のころにかかった髄膜炎の後遺症で目と耳に重度の障害を持ち、甘やかされて育てられました。

両親の依頼で盲学校から派遣されたアン・サリヴァン先生(当時20歳!)と出会ったことで、女子の高等教育(ラドクリフ・カレッジ。1999年にハーバード大学と合併)を受けるまでになり、障害者の教育や福祉に力をそそいだことで知られています。

三度も来日し、映画などで「奇跡の人」として知られていますが、この奇跡の人(The Miracle Worker” は、本来はヘレン・ケラーではなく、ヘレン・ケラーを導いたサリヴァン先生のことを指すのだそうです。

ちなみに、今年の平昌オリンピックの後、ロシアのフィギュアスケートのザギトワ選手に秋田犬が送られましたが、一世紀ほど前に来日したヘレン・ケラーに対しても、彼女の希望を受けて秋田犬が送られています。

今週の名言・迷言 36

私たちは人生を二度味わうために書くのです。一度目はその瞬間に、そして二度目は思い出として。

アナイス・ニン

アナイス・ニン(1903年~1977年)はフランスの作家。両親は欧州系キューバ人です。

十一歳から死の直前まで六十年以上にわたって日記を書き続けたことでも知られています。

より正確には、両親が離婚したため、父親に近況を伝える手紙という形で書き始めたものの、書くこと自体が心の支えになっていったということのようです。

生存中に公刊された日記には、パリでの銀行家の夫との結婚生活中に『北回帰線』などの作品で知られるアメリカの作家ヘンリー・ミラーと不倫関係にあったことが書かれていたことでも話題になりました(死後、『ヘンリー&ジューン』で映画化されています)。

彼女の無修正の日記は本人と最初の夫の死亡後、重婚状態にあった二度目の夫によって出版されました。