人生の名言・迷言 48

あと二週間で縛り首にされるとわかっていれば、人間はすばらし集中力を発揮する。

サミュエル・ジョンソン

サミュエル・ジョンソン(1709年~1784年)はイギリスの作家で、最初の英語辞典を単独で編纂し、シェイクスピア全集の校訂を行ったことでも知られています。

  偉大な成果は、強さではなく、忍耐によって成し遂げられる。

とも、述べています。

とはいえ、今日までその名が知られているのは、ボズウェルの伝記『ジョンソン伝』で、そのユニークな人柄(談話の名手など)が広く知られるようになったことも一因でしょう。

1755年に完成した英語辞典全2巻の編纂は、ロンドンの出版業界から資金提供されて依頼を受けたのがきっかけでしたが、完成までに要した期間は10年ほどでした。

日本で最初の近代的な国語辞典である『言海』は、大槻文彦が着手してから第一稿ができるまでに7年、推敲に4年かけ、完成まで11年かかっています。もともとは文部省在職時に命じられた作業でしたが、出版は完成からさらに5年経過した1891年で、しかも自費出版でした。

ちなみに、フランス語辞典は、アカデミー・フランセーズが40年がかりで完成させています。

ジョンソンの英語辞書には、こんな定義が含まれています。

Lexicographer(辞書編集者)=辞書を書く人。文章を調べてまわり、言葉の意味を詳述することに忙殺されている、無害な労働者。

これを受けて、『悪魔の辞典』を書いたアンブローズ・ビアスは、

辞書編集者: 言語が発達していく、ある特定段階を記録するふりをしつつ、その言葉の成長を阻害するため自分に可能なことを行い、柔軟性を失わせ、仕組みを機械化しようとする有害なやつ。

もう一つ、有名な例を――

オート麦=穀物。イングランドでは一般に馬に与えられ、スコットランドでは人が食べている。

さすがに、これは物議をかもしたので後に削除されましたが、伝記を書いたボズウェルは、「だから、イングランドの馬とスコットランドの人間は優秀なのだ」と注釈をつけたことで知られています。

ちなみに、ボズウェルはスコットランド人でした。

コメントはこちらからどうぞ