人生の名言・迷言 63 われわれは皆、溝のなかにいる。だが、、、

われわれは皆、溝のなかにいる。だが、そのなかには星を見上げている者もいる。

オスカー・ワイルド

オスカー・ワイルド(1854年~1900年)はイギリスの詩人、作家、劇作家。

十九世紀末の耽美的な作品『サロメ』や『ドリアン・グレイの肖像』、投獄された経験をもとにした『獄中記』などで知られています。

この言葉はサロメと同じ年に書かれた『ウインダミア卿夫人の扇』という喜劇で使われています。

ちなみに、サロメはフランス語で書かれています。

そのサロメを日本に紹介したのは、ドイツ帰りの文豪・森鴎外です。
同じ戯曲だからなのか、そのあらすじを発表したのは、なんと雑誌『歌舞伎』でした。

オスカー・ワイルドはオックスフォード大学を首席で卒業したものの、なにかと言動が派手なため、不道徳だと、あちらこちらで物議をかもした人でもあります。

友人の親との訴訟や同性愛での投獄、破産など、晩年というには早すぎる四十六歳のとき、梅毒に起因する脳髄膜炎で死去しました。

コメントはこちらからどうぞ