今週の名言・迷言 33

ぼくは、すべてのものについて、それが誤りであると証明されるまでは信じることにしている。だから、妖精や神話やドラゴンも信じてるんだ。心のなかだけであったとしても、そういうものはすべて存在しているんだよ。

ジョン・レノン

ジョン・レノン(1940年~1980年)は、イギリスのロックバンド、ザ・ビートルズの中心メンバーで、バンドの曲のほとんどはポール・マッカートニーとジョン・レノンが作詞・作曲を担当していましたが、両雄並び立たずで、レコードデビューからほぼ八年に事実上解散し、その後はそれぞれソロ活動や独自のバンド活動を展開しました。

ビートルズは二十世紀のポップミュージックを代表するロックバンドであり、メンバーそれぞれもすぐれたミュージシャンでした。

ジョン・レノンは一時期音楽活動を停止していましたが、再開後まもなくの1980年12月8日、ファンだと公言する男に自宅前で射殺されました。「ジョン・レノンが射殺された “John Lennon was shot to death.” というニュースはまたたくまに世界中に伝えられましたが、なぜ殺害にいたったのか、その理由はいまだに謎のままです。

人生の名言・迷言 25

年齢は、年の数ではなく、友人の数でかぞえよう。人生は、涙の数ではなく、ほほえみの数でかぞえよう。

ジョン・レノン?

これはビートルズのジョン・レノンの言葉として知られていますが、実はその前から存在していて、ジョン・レノンが取り上げたことで、広く知られるようになったというのが真相のようです。

ジョン・レノンが生まれたのは1940年ですが、ニューヨークタイムズやニューヨーカー誌などによれば、その前からバースデイカードに作者名なしで印刷されていたとか、ローカル新聞に発表された詩の一節だった、歌手のビング・クロスビーの妻の作だとするものなど諸説あり、それぞれ細部が微妙に異なっています。

年代順に遡っていくと、1927年の作者不詳のバースデイカードに印刷されていたというのが、一番古いようです。

ちなみに、1935年にE.B.ホワイト編でニューヨーカー誌に掲載されたものによれば、ビング・クロスビー夫人で女優のディキシー・リーが出版社に5ドルで売って、そのお金で編集者に昼食をごちそうしたというエピソード付きで紹介された詩では、こうなっています。

庭では、落ち葉ではなく、花の数をかぞえなさい。
生活では、輝いていた日数をかぞえ、
雲なんて、忘れてしまいなさい。
夜は、影ではなく、星の数をかぞえなさい。
人生では、涙ではなく、ほほえみを数えなさい。
そして、こうしたことを喜びとして、誕生日には
年齢について、年数ではなく、友人の数を数えなさい。