人生の名言・迷言 47

一番楽しかったのは、マイナーリーグの試合でバスに乗って移動しているときに休憩所でポテトチップスなんかを買ったりしたことだよ。

マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダン(1963年~)といえば、プロバスケットボールのNBAでシカゴ・ブルズを六度も優勝に導き、オリンピックでの米国の金メダル獲得にも貢献したスーパースターですが、1993年10月、突然に引退を表明しました。

年齢的にも実力的にもプロ選手としてまだ十分にやれる状態でしたが、その三ヶ月ほど前に、電気技術者だった父親が、路肩にとめた車で仮眠をとっていたところを強盗に襲われ、銃で撃たれ川に捨てられるという衝撃的な事件が起きたことが一因でもあったとされます。犯人は二人組で十八歳だったそうです。

バスケットボールを引退した後、メジャーリーグのシカゴ・ホワイトソックス傘下のマイナーチームと契約し、自分より一回りほど若い選手たちとメジャー昇格をめざしていたころを振り返っての発言です。

ジョーダンの野球への挑戦は賛否両論ありましたし、結局はメジャーリーガーになるという夢は実現しませんでしたが、人の目を気にせず自分の夢を追いかけるということも、輝かしい栄光を得た後の生き方として悪くないのではないでしょうか。