防災施設(^_^)としてのうみへん

今年の夏、こちらは記録的な大雨で、消防からの呼びかけもあり土砂崩れを警戒して三日間避難しました。一日目はホテルに、二日目以降は「うみへん」こと海に浮かぶ編集室(早い話が海上係留のヨット)に泊まりました。

普段から水や非常食は用意してあるんですが、実際に寝泊まりするとなると、それなりに細かな改善すべき点があれこれ出てきますね。

そのあたりのことを備忘録を兼ねて少し書いておきます。

キャンピング・レベルのローテクの話なので、あまりテレワークの参考にはならないかもしれません――あらかじめ、お断りしておきます。

うみへん(海に浮かぶ編集室)は水面自体に浮かんでいるので、大雨の時の避難所としては問題なく使えます(台風の時は逆に危険かな。半日がかりで増し舫いをして地上の堅固な建物に避難)。

で、避難で長時間滞在するときに大切なことは、疲れをためないこと、つまり眠りが大切――というわけで、まずは足を伸ばして寝る場所を確保するのが最優先。

船室のレイアウトは中央のテーブルを挟んで両側にソファー/長椅子があるので、それがベッドとして使えます。こんな感じ。

ソファとしての幅は45センチですが、分厚い背もたれを外すと幅60センチ、長さ二メートルの、一昔前の寝台列車風のベッドに早変わり。 背もたれの裏(白い部分)は物入れ。その上の段には本や書類が置けます。ミニコンポは小型船舶検査の法定備品で必要なラジオ兼用。スマホも無線装置として信号紅炎という救助を求める発煙装置の代用として認められています。

照明はこんな感じ。

丸い方が元からの電球式のもので、その横は12VのLEDライト。 本を読むときは別にスポットライトを使用。

で、改善すべき点は

・高電力のインバータ設置 ・出入り時の雨対策

インバータはバッテリーで一般的な直流12Vを交流100Vに変換して家庭用の製品が使えるようにする装置。

非常食だけでは味気ないので食生活の幅を広げるために電子レンジがほしいところです。

タイミングよく中古の単機能のレンジをただであげるよという奇特な人がいたのでありがたく頂戴し、そのために大容量(1800W)のインバーターを設置しようと思っています。

1800Wのインバータは以前から持っていたのですが、ほとんど使わないので、パソコンを使うくらいはこれで十分と500Wの小型のものに変更していました。

とはいえ、1800Wのインバータを設置するには配線からやり直さなければなりません。

100V交流だと流れる電流は18Aにすぎませんが、12Vのシステムでは150Aになるわけで[ 電力P(W) = 電圧E(V) × 電流I(A) ]、専用のバッテリーを追加し、配線も車のバッテリーあがりのときに活躍するブースターケーブル並みの太さのケーブルが必要になります。

現状、バッテリーはこんな感じ。エンジン始動用と照明用の2個を並列設置。車用ではなくボイジャーという小型船舶用のディープサイクルのバッテリー。

この隣のスペースにまったく別系統にしてバッテリーを設置する予定。

次が雨よけ対策

これは二つあって、傘をたたんで船室に入る際に傘を濡れないようにドジャー(下の写真の青いもの)とビミニトップ(右端のソーラーパネルを載せているアーチの下の日よけ)間に雨よけシートが必要、それと、ヨットでは定番のサンブレラという生地自体の雨漏りを防止すること。

大雨になると防水スプレーくらいではなかなか布生地からの雨漏りは防ぎきれないので、軽くて加工しやすく入手しやすいプラダンとの二重張り、を考えています。プラダンは紫外線に弱いのでサンブレラの下側に置く形になるでしょうか。

こまかいことを延々とここに書いても退屈でしょうから、続きはまたの機会に。

積雪!?

昨日から雪が舞っていましたが、夜が明けると積もっていました。

といって、数センチですが。てっきり今年は積雪しないかと思っていました。

バウハッチから出ている金属の管は(キャンピングカーなどでよく使われているFFヒーターの)排気管。先端は雨が降り込まないように木栓でふたをしてあります(ヒーター使用時はもちろん外します)。

こういう寒いときでも、カモ達は平気な顔で海に浮かんでいます。

アベノマスクと給付金

アベノマスクが届きました。

できれば、自粛解除前に届けてほしかったですが、まあ、今年の秋から来年の冬にかけて第二波、第三波の流行があるでしょうから、それまでとっておきましょう。

感染者の多い東京などは配布が優先されて、地方はあとまわしでしたが、

国民一人当たり10万円の給付金は、逆に、人口の少ない田舎はすぐに支給されているのに、人口の多い都会は未支給のところも多いようです。

なかなかうまくいきませんが、少なくとも、日本の社会は先進国というには電子化、ネットワーク化が圧倒的に遅れているということは言えそうですね。

先週のシステムトラブルについて

セキュリティ強化のためのホームページのSSL化(http:// => https://)で生じたシステム障害については先週の月曜に復旧しました。

一週間かけて確認しましたが、現在は特に異常はないようです。

原因もわかっていますので、サイト運営の参考までに、こちらに簡単に経緯をメモしておきます。

事実経過

サイトのセキュリティ強化のためSSL化を行いましたが、その過程で、「海の上の編集室」が一時的に閲覧不能となりました(約1日)。

サイトは独自ドメインで、レンタルサーバーにWordPress を組み込んで運用していました。

内容を二系統にわけたかったので、単一ドメインのルートディレクトリと下位フォルダに分けて二つのWordPressシステムを組み込んで運用していました。

これ自体は何も問題はなかったのですが、SSL化する際に、両方同時にSSL化するわけにもいかず、順にやろうとしてWordPressのデータベースに障害が生じた、ということのようです。

単一ドメインで複数のWordPressを運用する場合、2つの方法があります。

1. サブドメインを使用する。
2. フォルダ分けする。

サブドメインは  http://サブドメイン.ドメイン/  となり、

フォルダ分けでは  http://ドメイン/フォルダ/  となります。

静的なhtmlのサイトからWordPressを組み込んだレスポンシブなサイトにする際、Windows のフォルダシステムに慣れていたため直感的にわかりやすい後者を選択し、ルートディレクトリに WordPress 1を設置し、下位フォルダに WordPress 2 を設置して運用していました。

別々の時期にそれぞれ別のものとして導入したのでデータベースも別だと思っていたところ、これだとWordPressのデータベースが共通になるようで、ここにSSL化で問題が生じる原因があったようです。

運用自体には何の問題もないものの、SSL化の際に1と2の共通データベースで一時的に異なるリンクが混在する状態になって障害が生じたようです。

サブドメインであれば、WordPressも完全に別のものとなるので、こういうトラブルは生じないことになります。

というわけで、最初からSSL化したサイトでは 下位フォルダを利用して複数のWordPressを導入可能と思いますが、現在 http:// でこれからSSL化をするという方はご注意ください。

『新版 電脳田舎暮らしのススメ』(岸田啓著)を無料ダウンロードできるようにしました

新型コロナウイルスによる在宅勤務、テレワークの急増に伴い、弊社の電子書籍『新版 電脳田舎暮らしのススメ』(岸田啓著)を無料ダウンロードできるようにしました(pdfファイル)。

刊行から時間がたっていますので、現在の状況については、著者のサイト  も併せてご覧ください。

また、ダウンロードしたpdfファイルをキンドルの電子書籍として Paperwhite などのキンドルやスマホのキンドルアプリでも閲覧することは可能です。

pdf ファイルをキンドル本に変更する手順については、こちらにまとめています。

pdfファイルをダウンロードするには、下記の “Download Now!” をクリックしてください。

[sdm_download id=”1220″ fancy=”0″]

PDFファイルをキンドル (Kindle)で読めるようにする手順

PDFファイルは、ビジネスでの書類の受け渡しでごく普通に使われていますが、キンドルで読めるようにしておくと、パソコンがなくてもタブレットやスマホで電子ブックを読む感覚で普通に読めるので、なにかと重宝します。

pdfファイルをキンドル本としてタブレットやスマホでも読めるようにするのは簡単な手順でできるので、ご紹介します。

準備

  1. まず Amazon にログインします。
  2. ブラウザ上部のメニューから、[アカウント&リスト][コンテンツと端末の管理]

    [設定]

    [パーソナル・ドキュメント設定]

    を順にクリックします。

すると、

次のように、ログインした人の
Send-to-Kindle Eメールアドレス と
承認済みメールアドレス
が表示されるので、このメールアドレスをメモしておきましょう。

screenshot-Send-to-Kindle_03

ファイルの送信

  1. 承認済みメールから、Send-to-Kindle Eメールアドレス宛
    に pdf ファイルを添付してメールを送信します。

このとき、メールのタイトルや本文は不要です(何も書かなくて大丈夫)。

これだけです。

後は、自分の Kindle や Kindle アプリで普通の本と同じように閲覧可能です。

TPP発効と著作権保護期間の延長

日本の著作物の保護期間は従来50年(映画は70年)でした。

2018年12月30日に環太平洋連携協定(TPP11)が発効したことにより、保護期間は70年に延長されました

character

発効日以降に制作される著作物の著作権保護期間は著作者の死後70年になり

死後70年経過している著作物の著作権は切れていることは自明ですね。

では、50年はすでに経過していったんは著作権が切れたが、まだ70年にはなっていないという

2018年12月29日までの比較的最近の期間に著作権が切れた著作物

はどうなるのでしょうか?

有名な青空文庫などでは、半数近くがこれに該当するようなので注目されていましたが、結局、

この保護期間延長は、TPP11の発効日以降に50年の保護期間が切れる著作物にのみ適用され

発効日前にすでに著作権が切れていた著作物の「権利が復活することはない

ということになるようです。