発見と冒険と知の大海原へ

エイティエル出版は 電子書籍+オンデマンド出版 の出版社です。

英和対訳 あしながおじさん 1
ジーン・ウェブスター著
+全文朗読ファイル

100円(電子書籍版)
紙書籍版は準備中
ISBN 978-4-908086-12-0
ワンコイン・マスターシリーズ

立ち読みコーナーはこちら


スティーヴンソンの欧州カヌー紀行
ロバート・ルイス・スティーヴンソン著
明瀬和弘訳

400円(税込、電子書籍版)
紙書籍版 2310円(税込、304頁)

2021年10月10日
ISBN 978-4-908086-10-6

 

・ロバート・ルイス・スティーヴンソンの An Inland Voyage の新訳。
・中島敦の『光と風と夢』(現代表記版)も併載。
ロバート・ルイス・スティーヴンソンは『宝島』や『ジキル博士とハイド氏』などの作品で知られる十九世紀イギリスの作家で、晩年(というか、四十四歳で死亡しているので短すぎるその人生の後半)は、転地療養に適した土地を探した末に、南太平洋のサモアに妻と移り住み、その地で没しました。
この紀行は、二十代のスティーヴンソンが友人と二人で大陸(ヨーロッパ)にカヌーを持ちこみ、川や運河づたいに旅をした記録です。
未来の世界的ベストセラー作家がまだ無名だった若き日の、好奇心旺盛で、冒険やキャンプなどのアウトドア大好き青年だったころの、時代の最先端をいくセーリング・カヌー(ロブロイ・カヌー)を用いた川旅で、ヨーロッパの大河を上流に向かって必死に漕いだり、スリル満点の急流下りを楽しんだり、風がよければ帆走したりと、鉄道や馬車など普通の旅行手段ではとうてい味わえないスリルや緊張感や楽しみに満ちています。
本書の後半には、サモアに移住したスティーヴンソンの晩年を描いた中島敦の『光と風と夢』を併載しています。
中島敦も気管支ぜんそくの転地療養をかねて西太平洋パラオの南洋庁に勤務した経験があり、スティーヴンソンには大いに共感するところがあったようです。
『山月記』の虎になった主人公にも、『光と風と夢』のスティーヴンソンにも、三十三歳で夭折することになる中島敦自身の強い自己投影が感じられます。

立ち読みコーナーはこちら

スナーク号の航海
ジャック・ロンドン著
明瀬和弘訳

500円(税込、電子書籍版)
紙書籍版 2640円(税込、365頁)
ISBN 978-4-908086-08-3

『野生の呼び声』や『白い牙』などのアラスカ物で知られるアメリカの作家ジャック・ロンドンは、『馬に乗った水夫』という伝記のタイトルが象徴しているように、北海道沖でのアザラシ猟の漁船に乗り組んだり、ヨットを建造して世界一周航海に出発するなど、生粋の海の男でもあった。

本書はヨット、スナーク号による太平洋航海記の全訳(本邦初訳)である。

ジャック・ロンドンが十七歳で懸賞エッセイに応募して一等になった幻の、ある意味で事実上の処女作となる『日本沖で遭遇した台風の話』も巻末に収録。

立ち読みコーナーはこちら

 

在宅勤務/テレワークの増大に伴い、電子書籍として販売していた『新版電脳田舎暮らしのススメ』を、pdfファイルとして無料でダウンロードできるようにしました。

『新版 電脳田舎暮らしのススメ』(岸田啓著)を無料ダウンロードできるようにしました

pdfファイルをキンドルで読む方法についてはこちらをご覧ください。

PDFファイルをキンドル (Kindle)で読めるようにする手順

サイトの更新情報については 、 Facebook でもご覧いただけます。

対応している電子ブックストアは、次の主要ストアです。

アマゾンKindle、楽天Kobo、紀伊國屋書店Kinnopy、ソニーReader Store、BookLive、Book☆Walker、アップルiBooks Store、
eBookJapan、KDDIブックストア、BCCKS(順不同)

New Book 新刊情報

よくわかる潜伏キリシタン関連遺産
潜伏キリシタン研究会編著
500円(税込、電子書籍版)
紙書籍版 1540円(税込み、118頁)
ISBN 978-4-908086-03-8
ユネスコの世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の完全ガイドブック。

潜伏キリシタンと隠れキリシタンはどう違うのか、教会ではなく集落が遺産とはどういうことなのか ―― 潜伏キリシタンのキーパーソンと詳細な年表も掲載。

立ち読みコーナーはこちら


黒曜石の記憶
岸田啓著
540円+税
2018年1月2日
ISBN 978-4-908086-01-4
縄文時代を舞台にした家族の物語。生と死、漁と猟、子供の成長と家族の絆が紀元前三千年の日々の生活や季節の変化とともに展開されている。

立ち読みコーナーはこちら(準備中)


コナン・ドイルの海洋ミステリーI
コナン・ドイル著
400円+税
2015年3月10日
ISBN 978-4-908086-06-9
シャーロック・ホームズの生みの親、コナン・ドイルの生前に分野別に整理されて刊行された小説集のうち、『海賊と青海原の物語』と題する一巻から「青海原」に分類されている六編の新訳。幕末の横浜が舞台になっている作品も含まれていて見逃せない。

老水夫行
サミュエル・テイラー・コールリッジ著
200円+税
2014年12月1日
ISBN 978-4-908086-04-5
イギリス・ロマン主義を代表する幻想的な長編詩を現代によみがえらせる新訳。

暴風雨、氷山の海からの生還、吉兆の海鳥の殺害と復讐、幽霊船と赤い唇の女、光り輝く水蛇、太陽や月や星々を巻き込み大海原で展開されるハラハラどきどきの叙事詩!


もう一つの9・11
ネットワーク社会とセキュリティ研究会編
400円+税
2014年9月2日
ISBN 978-4-908086-00-7

インターネットを中心にさまざまなネットワークが複雑に入り組んだ現代社会の落とし穴――

米国で発生した同時多発テロと平行して、サイバー空間でも「もう一つの9・11」と呼ばれるコンピュータウイルスが猛威をふるい、後年、コンピュータウイルス元年と呼ばれる事態へと展開していった。


新版 電脳田舎暮らしのススメ
岸田啓著
400円+税
2014年10月20日
ISBN 978-908086-02-1

2001年4月に出版された『電脳田舎暮らしのススメ』(洋泉社)を2014年の時点での視点から再編集し加筆した改訂版。

フリーランスの翻訳者としてインターネットを活用した在宅勤務の先駆けとなった著者の、ハイテク田舎暮らし。

News 新着情報
2020年4月13日
セキュリティ強化のため、サイトのSSL化(URLを http:// から https:// に変更)に伴って、「海の上の編集室」を再構成(本来の編集・出版と連載物の分離)し、トップページを当初の静的サイトに戻しました。2020年4月
新型コロナウイルスによる在宅勤務・テレワークが急増しているため、『新版電脳田舎暮らしのススメ』(岸田啓著)を PDFファイルで無料ダウンロードできるようにしました。2018年7月
ユネスコの世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」のガイドブックを アマゾン で先行発売し、ユーチューブでも早わかりガイドの動画(ナレーション付きスライドショー)を公開しました。他の電子書店でも順次対応していく予定です。2018年5月
電子書籍に加えて紙本のオンデマンド出版に対応しました。『黒曜石の記憶』からになります。それ以前の作品については順次対応していく予定です。2017年7月
紙本との整合のため新刊の刊行が遅れていますが、体制が整い次第、順次刊行予定です。2017年1月
海洋冒険文庫は別の独立したサイトに移動しました。それにつれてジャック・ロンドン『スナーク号の航海』の連載もそちらに移ります。2016年12月31日
ジャック・ロンドン『スナーク号の航海』連載第75回を海の上の編集室に掲載。2015年8月1日
ジャック・ロンドン『スモール・ボート・セイリング』(全8回)に引き続き『スナーク号の航海』(本邦初訳)の連載開始(継続中)。2015年7月1日
ブログを当サイト内に移設し、リニューアルしました。2015年6月22日
海洋冒険文庫のページで、ジェームズ・アレン『人生の書」の連載を開始します。2015年6月5日
海洋冒険文庫のページに、幸田露伴の「将来の娯楽の一大科」を2回に分けて掲載します。2015年4月4日
海洋冒険文庫のページを新設。ジャック・ロンドンのエッセイ「スモールボート・セイリング」(本邦初訳)を短期連載します。2015年3月10日
『コナン・ドイルの海洋ミステリーI』を出版。2015年1月1日
本年から出版する本は、主要電子ブックストア/書式対応となります。2014年12月1日
『老水夫行』をkindle版で出版。 他の電子書籍フォーマット/電子ブックストアにも順次対応予定です。いましばらくお待ちください。2014年10月20日
『新版 電脳田舎暮らしのススメ』をkindle版で出版しました。2014年10月3日
ホームページを開設しました。2014年9月2日
最初の電子書籍『もう一つの9・11』を kindle版で出版しました。2014年7月11日
ISBN出版者記号978-4-908086を取得しました。

  • プライバシーポリシー
  • エイティエル出版の本は、下記の主要電子書店(順不同)で購入可能です。
              
cover photo(c)chihana / Dollar Photo Club; banner photo(c)nikolarakic /
Dollar Photo Club

(c)2014 ATL Publishing