人生の名言・迷言 75: 善人はこの世で多くの害をなすが、その最大のものは、人間を善人と悪人にわけることだ

quotes-075_oscarwilde

善人はこの世で多くの害をなすが、その最大のものは、人間を善人と悪人に分けることだ。

オスカー・ワイルド

オスカー・ワイルド(1854年〜1900年)はアイルランド・ダブリン出身の詩人、作家、劇作家です。

フランス語で執筆した戯曲『サロメ』や、若さや美と人間の業や老醜とを極限まで突き詰めた長編小説『ドリアン・グレイの肖像』などの作品があります。

オックスフォード大学在学中に詩を発表し、首席で卒業した後、芸術家きどりの派手な言動と何かと物議をかもす恋愛沙汰で、ある意味、スキャンダルまみれの時代の寵児ともなりましたが、四十そこそこで猥褻(わいせつ)罪で投獄された挙句(あげく)に破産しました。

服役して出所して以降、世間からは忘れ去られた存在で、妻の死に目にも会えず、放浪中のパリで性病(梅毒)による脳髄膜炎により、四十六歳の若すぎる生涯を閉じました。

オスカー・ワイルドといえば耽美主義の化身のような生き方をした人で、谷崎潤一郎など日本の作家にも大きな影響を与えましたが、晩年は完全に世間から見放されていました。

善悪で人を分類することに対する反発は、こうした実体験に裏付けられているのでしょう。

この言葉には続きがあり、「人間なんて、魅力があるか退屈なやつかのいずれかだ」と述べています。

人間を魅力的か退屈な凡人かに分類するとすれば、本人は自分は当然に前者だと思っていたはずです。

人生の名言・迷言 63 われわれは皆、溝のなかにいる。だが、、、

われわれは皆、溝のなかにいる。だが、そのなかには星を見上げている者もいる。

オスカー・ワイルド

オスカー・ワイルド(1854年~1900年)はイギリスの詩人、作家、劇作家。

十九世紀末の耽美的な作品『サロメ』や『ドリアン・グレイの肖像』、投獄された経験をもとにした『獄中記』などで知られています。

この言葉はサロメと同じ年に書かれた『ウインダミア卿夫人の扇』という喜劇で使われています。

ちなみに、サロメはフランス語で書かれています。

そのサロメを日本に紹介したのは、ドイツ帰りの文豪・森鴎外です。
同じ戯曲だからなのか、そのあらすじを発表したのは、なんと雑誌『歌舞伎』でした。

オスカー・ワイルドはオックスフォード大学を首席で卒業したものの、なにかと言動が派手なため、不道徳だと、あちらこちらで物議をかもした人でもあります。

友人の親との訴訟や同性愛での投獄、破産など、晩年というには早すぎる四十六歳のとき、梅毒に起因する脳髄膜炎で死去しました。

今週の名言・迷言 39

人生にはスキャンダルより悪いことが一つだけある。それはうわさにすらならないことだ

オスカー・ワイルド

先週の名言・迷言とのからみでいうと、「悪名(あくみょう)は無名(むめい)に勝る」と同じような趣旨でしょうか。

オスカー・ワイルド(1854年~1900年)はアイルランドのダブリンで医師の家系に生まれ、イギリスとフランスで作家活動を行った詩人・劇作家です。

成績優秀で、ダブリン大学を経てオックスフォード大学に進学し、首席で卒業しました。傑作の『サロメ』はフランス語で執筆しています。

派手な格好や言動のため、若くして社交界で注目を集めるとともに、女性や男性との交友関係がさまざまなスキャンダルにもなりました。

卑猥行為(男色)で投獄されたり破産宣告されたりしたあげく、性病の梅毒に起因する脳髄膜炎のため、フランスのパリで死亡しました。享年46歳。

葬儀には数人しか参加しなかったといわれています。

「人生には二つの悲劇しかない。一つは、自分の望むものが得られないことであり、もう一つはそれを得てしまうことだ」という言葉も残しています。